EXCAFEに関する様々な情報をお届けします ( We send any information about EXCAFE on this site.)


by excafe21

エブリのうち9月18日放送分:「サーモンのムニエル、イチジクのピューレ」

皆さん、こんばんは。

今日は9月18日エブリのうちで放送した
「サーモンのムニエル、いちじくのピューレ」のレシピをご紹介します。

b0126108_22353324.jpg


秋鮭も店頭にならんできました、イチジクはまさに旬です。
サーモンの塩気とイチジクの甘みが程よくマッチした一品です。

ムニエルといえば小麦粉をつけてバターで火を通すのが定番ですが、
今回は焼きムラを抑えるためオリーブオイルもプラスしています。
じっくりフタをせずに弱火で焼いていきましょう。
強火で焼くとかえってパサついていきます。
多少の焦げ目は美味しさのマーク。
サーモンをやくタイミングを利用して、ピューレもささっと作ってしまいましょう。
また、サーモンの臭みを消すのも美味しくなるポイントなので、
そのあたり、ケイパーや香味野菜なども使って、仕上げてみましょう。

<サーモンのムニエル> 2人分

サーモン 2切れ
<下処理>
塩、胡椒をして10分ほど、常温で放置、キッチンペーパー等で水気をとってください
臭みを抑えることができます

乾燥ディル 適量
小麦粉 大さじ2
オリーブオイル 60cc
バター 20g
ケイパー 7~8粒

1.サーモンは下処理をして、ディルをまぶします、落ちないよう少し強めにおさえましょう
2.1のサーモンに小麦粉をまぶし、ディルが落ちない程度に余分な粉をはたいておきます
3.オリーブオイル、バター、ケイパーを入れ弱火でフライパンを熱する
4.温まってきたら2のサーモンを皮から入れ、しばらくそのままじっくりやいていく
5.縁の色が変わり、7割程度火が通ったら、そっと裏返し焼いていく

<いちじくのピューレ>
いちじく 2個 (うち各4分の1は飾り用にとっておきます)
ヨーグルト(加糖) 70g 無糖でも◎
塩 ひとつまみ

1.イチジクの残り、ヨーグルト、塩ををフードプロセッサーにいれ軽く混ぜ合わせる
プロセッサーがなければ、泡だて器などでつぶしまぜても大丈夫です

<仕上げ>

お皿の中央からやや上にピューレを円状にのせる
その上にサーモンをおき、残しておいたイチジクの果実をのせる
香りの強い野菜(今回はからし水菜)を添えて完成!!

サーモンのムニエルといえば
レモンバターのソースが定番ですが、
秋、冬ということもあり少し重たいソースで仕上げてみました。
ヨーグルトの酸味と、イチジクの甘みが、
サーモンの味を引き立ててくれると思います。

ムニエルは以外に簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてください。
もしバターだけで焼く場合はより火加減にご注意を。
小さな泡がプツプツ、出ているか出ていないかぐらいの火の強さをキープして下さい。
気になるようなら、上からバターをかけてもらっても大丈夫です。

次回は、オジリナルの肉料理をご紹介します。
ネーミングセンスがいまいちかもしれないので、
出落ちになったらすみません。。。が、ぜひ、ご覧ください。
[PR]
by excafe21 | 2012-09-20 22:37 | 各種お知らせ(other)