EXCAFEに関する様々な情報をお届けします ( We send any information about EXCAFE on this site.)


by excafe21

6月12日放送OHKエブリのうち:「アボカドのミラノ風カツレツ、サーモンと山芋のディップ」

皆さん、こんにちは。
6月12日OHKエブリのうちでは、
「アボカドのミラノ風カツレツ、サーモンと山芋のディップ」をご紹介しました。
アボカド、火を入れるとクセが少しなくなり、
濃厚な味わいでおいしいです!
ぜひ、おうちでも試してみてください。

では、レシピのご紹介です

<アボカドのミラノ風カツレツ>8個分
b0126108_16214578.jpg

(これは試食用です、なのでカットしてあります)

アボカド 1個 縦に8分の1にカット

胡椒
薄力粉 適量
溶き卵 1個分 アボカドのアールがあるので、バットより、ボールがおすすめです
パン粉 25g
パルメザンチーズ 25g
パセリ、ディルなどの香草 適量(乾燥、フレッシュどちらでもOK)
オリーブオイル 100cc


<アボカドのミラノ風カツレツ>
①アボカドは種を取り、皮をむく、8分の1にカットして軽く塩コショウ
*今回は火を入れるので完熟でないものを使って下さい!!!
②パン粉をつくる、パン粉、パルメザンチーズ、香草を一緒にまぜておく
③薄力粉、卵、合わせパン粉の順にアボカドにまんべんなく衣をつけていく
④約170℃に熱したオリーブオイルで、焼きあげるように火を入れていく
*なので、タップリの油でフライにするのとは少し違って、ややじっくり火を入れてください
 チーズが入っていて焦げやすいので、ご注意
⑤両面、側面にこんがりときつね色がついたら、完成!


<サーモンと山芋のディップ>
サーモン(刺身用) 100g
山芋 60g
黒胡椒 適量
塩 1g
ケイパー 10~15粒

材料をすべてフードプロセッサーにいれて、4~5回、回転させる
あまりやるとペースト状になるので、少し食感がのこるようにつぶす

アボカドにタップリつけて召し上がって下さい!!

フードプロセッサーがなければ、少し大変ですが、
包丁で切って下さい、1センチぐらいの角切りでも大丈夫です

ミラノ風カツレツとはおおまかに

衣がにパルメザン(パルミジャーンレッジャーノ)チーズ、香草が混ぜあわさっている ←今回実施
豚肉などであれば、薄切りにする ←今回はスライスはしていないので、不採用
オリーブオイルで焼きあげるように火を入れていく ←今回採用
揚げ上がりにバターをのせる ←今回不採用、アボカドは森のバターといわれるような濃厚さがあるので
ヨーロッパでは添えにフライドポテトが山ほど盛られている(大抵おかわりできる) ←今回不採用

など、少し定義が広いのですが、
例えば衣にガーリックが入ったり、
ソースもなかったりあったり、トマトがかかっていたりと
かなり提供スタイルまちまちなので、お好みの感じで楽しんでいただいても大丈夫です

サーモンのディップはクロスティーニとかにも応用利くので、
結構便利です
だた、プロセッサーにかけると、思った以上にサーモン、見た目の分量少なくなるので
ちょっと高くつくかもしれません、スモークサーモンがあればなお◯です

揚げ物は少し面倒かもしれませんが、
ぜひチャレンジしてみてください。

来週はお肉を焼きます、ソースが少し意外かもしれませんが、お楽しみに☆
[PR]
by excafe21 | 2012-06-13 16:22 | 各種お知らせ(other)